FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分転換

毎日、毎日、頭の中は大神の曲がグルグルしています。
こんばんは。

大神のプロデューサーの稲葉さんと、
曲を担当された上田さんと山口さんが
吹奏楽経験者と知って勝手に親近感を抱いている管理人です。
上田さんと山口さんはそれぞれ、
トランペットとクラリネットを演奏されていたそうで。
両方を経験した私は思わず声を上げてしまいました。
稲葉さんは何の楽器かはわからないのですけれども。
こう、何か共通点を見つけると勝手に親近感を持ってしまう
痛い人間ですので…。皆さん、お気を付けください(え)

吹奏楽経験者ということで、大神の曲には
吹奏楽の要素が散りばめられているそうです。
そう言われてみると、確かに吹奏楽の曲っぽい所が幾つもあります。
わーお!
なんだか懐かしいです~。



また前置きが長くなってしまいましたが、
しかも全然関係ない話でしたが(汗)

突然ではありますがブログのタイトルを変えてみました。
理由は特にこれと言ってない…と言えばないですが
なんとなくです(え)
ジメジメくよくよしないで陽気にいきたいな、
という願いを込めた、ということにしておきます(笑)

スケルツォというのは、元々「滑稽な」とか「陽気な」とか「おどけた」
という意味を持つそうですし。ただ横文字をつかってかっこつけたかっただけというのは秘密。
何だかショパンの雨だれ前奏曲をパクッたみたいになりましたが(汗)


スケルツォを初めて近代的な意味に用いたのはベートーベンで、
メヌエットの代わりにソナタやシンフォニーの第3楽章に使ったのだそうです。
スケルツォで検索すると出てくる殆どがショパンのスケルツォなので、
きっとこれが一番有名なんでしょうね。
ショパンのスケルツォは全体的に暗くて重たい感じがします。
とは言っても、私はショパンのスケルツォしかちゃんと
聴いたことがありません;;
ショパンのを聴いたのも、たまたまピアノの先生から
CDを借りたからだったので。
これを弾きこなせたらさぞかし楽しいだろうな
と思うけど、私にはもう無理だろうな(汗)

雨だれと言えば、ショパンの雨だれ前奏曲ですよね(え、違う??)
この曲、静かで綺麗で好きなんですが、
ちょっと苦い思い出があったりもします。苦いというか、何と言うか…。

忘れもしない、高校生の夏。

ある日、ピアノの先生から
練習曲に好きな曲を選んでいいよ、と言われたのです。
で、綺麗だし、なかなかやる機会がなかったから
雨だれをやろう、と思ったのです。
それを母に話したら、

「だーめよ、あなた燃えるような恋愛を経験してないもの。他の曲のがいいって!(笑)」

とか言うんですよ。
そ ん な お 母 さ ま … !
酷いや、あんまりだ。幾らなんでも…!
別にそう言われたからって、気にせず雨だにすれば良かったのですが、
何となくやめてしまい、母に勧められるままに
ベートーベンの悲愴をやったのでした…。
なぜそこで悲愴が出てくるのかさっぱりでしたが。
悲愴の方がはるかに難しいじゃないかあ!(心の叫び)
理由は簡単です。
母が好きな曲だからでした。

そりゃあね、雨だれはショパンがジョルジュ・サンドとの交際中に
書いた曲だしね、てかショパンはそういうのが多いですけどね。
恋愛を経験している方が曲により心がこもるかもしれませんが。
あの時はお互いにふざけあっていただけなんですけど、
なーんか、やる気がうせてしまいました(笑)
あ、でも機会があれば今からでも弾けるようになりたいです。


そうだ。なぜ雨だれなのかというと
雨だれの音が好きだからです。雨だれじゃなくても
雨音って好きなんです。昔から。それだけ(笑)
でもこれを考えてから、雨だれのスケルツォって
どんな曲だよ!とか本気で考えてしまいました。
きっとやかましい雨だれなんだろうなーと思います。
スケルツォになるような雨だれを想像したら何か笑えました。


というわけです(笑)




スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://yona0920.blog29.fc2.com/tb.php/93-10d70cdd

Comment

mame | URL | 2006.06.15 14:08
水沢さん、こんにちは!
タイトル、素敵ですね~
私、大好きです!
陽気な雨だれの音
・・・水沢さんの持ってらっしゃるやさしくてキュートな空気に
ぴったりのタイトルですね^^

ショパンって恋愛中に書いた曲が多いのですか@@
(なんにも知らない私^^;)
ピアノの音って弾き手の心が現れるって言いますよね。
水沢さんのピアノは優しい音がするんだろうなぁと思います~

★水沢さんのお母様!
なんだかファンになりそうです。


水沢@管理人 | URL | 2006.06.15 21:12 | Edit
mameさんこんばんは^^

タイトル、急に変えたくなって、変えてしまいました;
ふっと思いついてしまって(笑)
好きと言って頂けて嬉しいです~^^

私も詳しくは知らないのですが、サンドと交際した期間は、
作曲家としても、最も充実していたようです。
誰もが耳にしたことのある様な有名な曲は
この時期に書かれたものが多いような気がします。
詳しく研究したわけではないので、あいまいですが(汗)

わわ、何だかたくさんお褒めの言葉を頂いてしまって
き、恐縮です…!

私の母は、分類すれば面白い人に入るんだと思います。
母とは丁度30歳離れているんですが、
いつも一緒にしょうもないことを言い合っては笑っています。
ファン…。きっと母は喜びます(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

水沢

Author:水沢
・長野生まれ長野育ち
・黒髪至上主義
・布団の中が一番幸せ
 
 ブクログ



カレンダー(月別)
08 |2018/09| 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事数表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。