FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実忘れ夢心地

最近、やっと涼しくなりましたね。
過ごしやすくて快適です。
朝晩は半袖では寒いですけど(笑)


ローカルネタになりますが。

昨日、高校までお世話になっていたピアノの先生から招待券を頂いて
サイトウキネンフェスティバルのコンサートに行ってきました。

私が座った席は、ビオラ側の2列目。端の方。
普通に前を向いたら、演奏者の足元しか見えない。
演奏している手元を見たければステージを見上げなければならない。
ちょこっと顔を上げれば辛うじてコントラバスが見える。
ステージ上でなにが起っているのかさっぱり見えない。
指揮者が飛び跳ねればその振動が座席に伝わってくる。
コンサート終了後には首が猛烈に痛くなる。

そんな席でした(笑)
2列目とは言っても端の方なので前には席がなく事実上は1列目。
目の前に演奏者の足が見えます。
ステージの全体を見渡せないし、演奏者の顔も見えないし、
コンサートでは一番座りたくないところではありますが(苦笑)

毎年、私は行かないから~と言ってチケットをくれるので
申し訳ないと思いつつ、お言葉に甘えてありがたく頂戴しています。
普通にチケットを買おうと思っても、中々買えないんです。
ほとんど、県外へ流れてしまうのだそうです。
税金払ってんだから、もっと松本市民に還元して欲しいものです。
この祭のお陰で市は結構な赤字を被っている…らしいじゃないか。
このやろー。

とか反感を持ちつつ、
タダでチケットを貰えれば喜んで行ってしまうんだから
現金な奴です(笑)

で…そうそう、演奏。
演奏はすごかったです。
もー、生オーケストラの迫力は鳥肌ものですね。
音に包み込まれるような感覚がたまらんです。
演奏中は現実を忘れ、音の中を泳いでまわる。
そんな感覚。
本当、現実を忘れました。癒された~。

私が行ったのはオーケストラコンサートのAプログラムで、
曲目はハイドンの交響曲第60番 ハ長調Hob.Ⅰ-60「うかつ者」と、
ラフマニノフの交響曲第2番 ホ短調 作品27でした。
サイトで調べていったのですが、
曲目を見てもどんな曲なのかわかりゃしません。
演奏を聴きながら曲名と照らし合わせたくても
プログラムがないのでそれができません。

そう。
サイトウキネンではプログラムは買わなければならないのだ!
それがこの祭の嫌なところだ!(え)

ホームページを印刷すれば良かったんだ
という現実には目を瞑っておきます…。


今回のプログラムを指揮した広上淳一さんという方は
どんな人なのか私は全く知りませんで。
今回初めてお目にかかったわけですが…。
面白い人でした。
なんともコミカルな指揮をされる方で(笑)
表情もとても豊かで、なんというか、
「音楽大好き!指揮大好き!楽し~いな!!」
という感じでした(笑)
いやもう、本当楽しそうで。ピョンピョン跳ねるし(笑)
見ていてこっちが楽しい気分になるような。

そんな愉快な指揮なのですが、いかんせん私の席は端っこ。
指揮ばっかり見ていては首が変になってしまいます。

私が演奏の間注目していたところといえば、
すぐ目の前に見える、ビオラ奏者のピッカピカに磨かれた黒い靴と
ちょっと顔を上げた先にいらっしゃる、白髪の素敵なコントラバス奏者のおじ様と、
たまに飛び跳ねる指揮者と、
ビオラ奏者とチェロ奏者との僅かな間から見える
クラリネット奏者カール・ライスター氏のおでこでした。

私が初めてライスター氏にお目にかかったのもサイトウキネンでした。
演奏スタイル?に特徴があって、最初見たとき
「面白いな~。」と思ったものです。
が、その音の綺麗さに憧れて、好きなクラリネット奏者の1人になりました。
ライスター氏は毎年サイトウキネンに参加しているので、
反感を持ちつつ聴きに行くのは、彼がいるからだったりもします。

今回も、彼の音を聞き逃すまいとクラの音に集中しておりました。
いや、ちゃんと全体も聴いてましたって!


演奏が終わったらもう、拍手の嵐でした。
ブラボーの声も飛び交っていたし。
「うおっ、これ最終日か??」っていうような勢いでした。
拍手が鳴り止まず、指揮者は何度もステージを出たり入ったり、
オーケストラも何度も立ったり座ったり。
さんざ繰り返した挙句、アンコールもなしにあっけなく
退場していきました。

そう。
サイトウキネンではアンコールをやってくれないのだ!
それがこの祭の(以下略)

いーじゃーん。
ちょっとした曲を用意してくれたってー。
減るもんじゃないしー。ぶーぶー。


プログラムが終わって会場を出たら
首やら肩やらが寝違えたみたいになってました。
そんな首を曲げてた覚えはなかったんだけどな…。
1日経った今も若干痛いです…(涙)

やっぱり、演奏を聴くなら真ん中から後ろ辺りの席が良いですー。
とはいえ、指揮者の息遣いが聞こえたりして貴重な体験をしました。
こういうのでない限り、一番前になんて座りませんから(笑)

曲名とメロディーが一致していなかったのが残念でならないので
CDを買ってじっくり聴こうと思いますー。



余談?といいますか、このサイトウキネン、
歓迎吹奏楽パレードなどというものがあります。
松本市内の小中学校や社会人の団体が
松本城を目指してパレードをし、最後に本丸庭園で合同演奏をします。
私、この第1回目のパレードに小学校の時に参加しているのですが、
これがまー、大変でした。
慣れない歩きながらの演奏で疲れきっているのに、
全てのバンドが松本城に集まるのを炎天下の中延々と待ち、
汗だくになって合同演奏を終えた後に
ご褒美として配られた飲み物は生ぬるく、しかもまずかった…
と、あまり良い思い出にはなってません。
あの時の思い出は、
暑さと、生ぬるくてまずいジュースで占められています。
パレードなんて二度とごめんだ!
と思ったのは言うまでもありません。

このころから、サイトウキネンなんて…!
というイメージ?がついてしまったのかもしれません(笑)
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://yona0920.blog29.fc2.com/tb.php/158-2351f2af

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

水沢

Author:水沢
・長野生まれ長野育ち
・黒髪至上主義
・布団の中が一番幸せ
 
 ブクログ



カレンダー(月別)
10 |2018/11| 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事数表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。